富士宮市の交通事故治療 森本整骨院

事故治療口コミ
アクセス
公式LINE

交通事故後の手順

交通事故後の手順

➡ ステップ1:警察への届け出

事故が起きたら、まず警察に連絡しましょう。
「大した事故ではない」と自己判断することは避けてください。
警察への届け出は、保険金を請求するために必要な「交通事故証明書」の発行に不可欠です。
加害者に届け出義務があるものの、報告しないこともあります。
必ず届け出を行い、担当する警察署と警察官の名前をメモしておきましょう。

➡ ステップ2:事故相手の確認

加害者の住所・氏名をその免許証や車検証で確認します。
(相手に書かせると偽情報の可能性があります)
加害者の車両のナンバープレートをメモします。
加害者の自賠責保険番号と任意保険会社の名前・番号を記録します。
これらの情報は事故証明に記載されますが、念のため確認し、携帯電話で写真を撮っておきましょう。

➡ ステップ3:事故状況の記録

加害者の氏名、住所、自宅と携帯の電話番号、自動車の登録ナンバーをしっかりと確認しましょう。
可能であれば、その免許証と車検証の写真を携帯で撮っておきます。
また、事故の見取り図や経過をメモするのも後々役立ちます。
相手が誠実に見えても、時間が経つと話が変わることがあります。

➡ ステップ4:ご自分の保険会社へ連絡

加入している自動車保険会社や代理店に交通事故の事実を連絡してください。
搭乗者保険に加入している場合は、等級に影響せずに保険料を請求できます。
(等級を下げずに保険料を受け取ることができるので、必ず請求しましょう。)

➡ ステップ5:整形外科を受診する前に森本整骨院に連絡

救急車で運ばれるような怪我でなくても、必ず診察を受けることが推奨されます。
診察を後日受ける場合でも、人身事故の取り扱いになっていないと治療費の支払いが受けられないので、整形外科や総合病院を受診する前に森本整骨院にご相談ください。
提携している整形外科への紹介も可能で、事故後の治療がスムーズに進みます。事故直後は興奮しているため、症状が出ないこともありますが、必ず当日中に受診してください。
軽微な事故でも、後に異常が発生することは珍しくありません。

➡ ステップ6:加害者の保険会社から連絡があった時

保険会社の担当者に【森本整骨院】での通院を伝えてください。
救急車で運ばれた病院以外に通院できないと思い込んでいる方がいますが、通院場所は被害者が決めることができます。
特に、初期の処置が重要ですので、基本的な治療しか行わない病院の場合は、できるだけ早く転院することをお勧めします。

PAGE TOP